イオナイメージ

ストレスと肌との関係

温度・湿度の変化や強い紫外線など外界からの影響で、肌はダメージを受け、肌あれを起こすことがあります。 一方、疲労や睡眠不足、心配事などの内的な要因によっても、気がつかないうちにからだの中で、肌あれへとつながる反応が生じていることがあります。

バリア機能の低下・免疫力の低下・ターンオーバーの乱れ・皮脂の過剰分泌

寝不足が続いたり、悩みごとがあると、肌あれや吹き出物ができやすい・・・。こんな経験を多くの方がお持ちのはず。肌の状態は、心やからだの状態と密接につながっているのです。

 

植物エッセンスが多段階あプロ―チで肌あれをストップ!

毎日健康に暮らしていくために、私たちのからだは、自律神経やホルモン分泌など、さまざまなシステムによってコントロールされています。ストレスを感じると、大脳皮質から情報が伝わり、ホルモンが分泌されることで、受けた刺激やストレスに対応しようとします。

ところが、ストレス状態が続くと、次第に自律神経の働きが不安定になり、分泌されるホルモンのバランスも乱れてしまいます。

本来、ストレスを緩和し、健康な状態を保つように働くホルモンも、過剰に分泌され続けると、かえってからだの調節機能を衰えさせ、免疫力を低下させることになってしまうのです。

 

植物エッセンスが多段階あプロ―チで肌あれをストップ!

本来の調節機能が衰えると、からだの一部である肌でも、バリア機能の低下、ターンオーバーの乱れ、皮脂の過剰分泌など、さまざまな不調が生じ、肌トラブルにつながっていきます。

バリア機能の低下・免疫力の低下・ターンオーバーの乱れ・皮脂の過剰分泌

 

様々なストレスに着目して、グリーンのアイテムには13種類イエローのアイテムには20種類の植物エッセンス配合

忙しい毎日を過ごす私たちにとって、ストレスと無縁でいるのはなかなか難しいことですが、ストレスと上手につきあって、からだと心のバランスを保った生活を心がけることが大切です。

バリア機能の低下・免疫力の低下・ターンオーバーの乱れ・皮脂の過剰分泌

充分な睡眠時間や適度な運動とともに、自分なりのリラックス方法を見つけるなどして、ストレスを早めに解消しましょう。

 

様々なストレスに着目して、グリーンのアイテムには13種類イエローのアイテムには20種類の植物エッセンス配合

ストレスが肌トラブルに発展していく過程をみると、いきなり吹き出物や炎症が生じるのではなく、その前に乾燥やザラつき、化粧ノリが悪くなるなど、肌あれの兆候が現れてくるようです。

早めのケアが美肌維持のポイント。肌の調子がいつもと違うと感じたら、トラブルになる前にきちんとケアしましょう。

一旦、肌トラブルが生じてしまうと、肌の調子の悪化が心のストレスとなって、さらなる肌あれが発生するといったように、悪循環から抜け出せなくなってしまいます。

バリア機能の低下・免疫力の低下・ターンオーバーの乱れ・皮脂の過剰分泌

ストレスと上手につきあうよう日頃から心がけるとともに、肌あれ防止効果のあるスキンケア製品で積極的にケアするのもお勧めです。
また、やさしい使い心地や良い香りを感じることで、スキンケアの行為自体も心のリラックスにつながるといわれています。

肌の不調を感じたら、トラブルになる前にケアして、健康で美しい肌を保ちましょう。